2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
15年前。
わたしは神戸に居ました。

正確には神戸沖の海の上。
あの日の朝、神戸港へ寄港する船の中に居ました。

早朝
それまで経験したことのない違和感の在る揺れを感じました。

でも、その船の乗組員さんの半分くらいは
その1年半前に奥尻島沖で同じ揺れを経験していて
だから、そのときもすぐに
大きな地震があったのだと分かったそうです。

船は急遽、行き先を変え
大阪港(海遊館のすぐ前)に着きました。

そこでお客様を下ろし
その岸壁も自衛隊の船が緊急に入る為にすぐに出なくてはならず
いったい陸では何が起きてるのか情報も無いまま
船は次の目的地、佐世保へ向けて走り出しました。

大阪を出港して間もなく右舷に見えてくる神戸。

街のあちこちから煙があがって
その煙が一つに固まって上へ向って
そして海の上の空に広る雲に繋がっていました。

大好きな街、神戸が燃えていました。

あの煙の下に人が居ることが
信じられない光景でした。

私達ができるのは
その場を離れることだけで

当時まだ建設中だった明石大橋をくぐり
船は瀬戸内海へと抜けて行きました。

何もできないもどかしさを抱えたまま。



翔クンが出演していたドキュメンタリードラマを観て
たくさんのことを思い出しました。。

新聞社の方が当時を語っていた言葉
「私は戦争を経験したことがないけど、まるで戦争のようだった」
あのとき神戸を海側から見て、私もそう思った。

あのとき
現実が受け止められず
涙も出なかった。


もう15年経つんですね。

あれから行くことが無かった神戸に
昨年は、やっと行く機会があって
市役所の展望室から復興した街と港を眺めました。



もしあの大地震がもう少し遅い時間に起きてたら、、、
もし船が予定より早く入港していたら、、、

いろんな”もしも”を考えた15年でもあります。

今を生きていられることって
あたりまえのことではないんですよね。。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

けろ

Author:けろ
 
大倉忠義クン溺愛中!
関ジャニ∞激愛中!

男前∞たちに幸せを貰いながら、日々のんびりぼんやり暮らす関東人♀です。
どうぞ仲良くしてくださいね~♪

Kis-My-Ft2宮田俊哉クンにも
心奪われ中(*ノノ)

ランキング参加中
ぽちっと一押し お願いしますッ!!

FC2Blog Ranking

最近の記事+コメント
コメントありがとうございます。 とっても嬉しいです。お返事は頂いた日の下に書かせていただいてます。古い記事へのコメントも大歓迎です♪                         ただいま公開コメントのみお書入れいただけます。  
お気に入り

ようこそWithへ
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
リンク
気になること
カテゴリー
くーまん でふ。
touch ∞ eco
運勢は?
月別アーカイブ
参加中
blogram投票ボタン
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。